• Japanese
  • English
  • Nichiryo america,inc
  • 簡体語
  • 繁体語
  • Spanish

NICHIRYO

トップ > TOPICS > ユーザーインタビュー/近畿大学薬学総合研究所 先端バイオ医薬研究室

TOPICS

一覧はこちら

2017.11 Updated

ユーザーインタビュー/近畿大学薬学総合研究所  先端バイオ医薬研究室

近畿大学薬学総合研究所  先端バイオ医薬研究室  准教授  森山 博由様にお話を伺いました。

研究テーマについて、お聞かせください。

再生医療に通ずる、皮膚科学、幹細胞生物学の研究を行っています。人の皮膚を試験管の中で完全に製造できるようなものを目指し、日々研究に取り組んでおります。
学生向けにはなりますが、近畿大学薬学総合研究所先端バイオ医薬研究室の資料も添付しますので、ご覧ください。

マイクロピペットをどのようにお使いでしょうか?

基礎研究の中でも、分子生物的な観点から正確な分注を求められる際に使用しています。正直なところ、私自身のマイクロピペットの使用回数は研究室のトップになってから減っていく一方ですが・・・。細胞の事前処理などで学生が使用することも多く、汎用性の高いツールとして認識をしています。

ニチリョーのマイクロピペットは研究室の立ち上げ時より使用しています。 学生や経験の浅い研究者もマイクロピペットを使用するため、ニチペットプレミアムの5年保証サービスやメンテナンスなどのサポート体制は助かっています。営業の方がこまめに立ち寄ってくださるので、その時に困ったポイントなどがあれば、レスポンス良く対応して頂けるのも非常に助かっていますね。

また、実験で使用している中でマイクロピペットに違和感を感じたり、定量が吸えなくなったりした時に学生から報告を受け、校正サービスを利用することもあります。

マイクロピペットに求める性能についてお聞かせください。

やはり精度ですね。再生医療関係の研究を行っていると、コンタミネーションやクリーンな環境で製造されているかなどの安全性の高さに加えて、精度が求められてきます。この2つが高水準で兼ね備えられれば良いのではないでしょうか。 今すぐどうかして欲しいというわけでは無く、臨床関係や再生医療の現場で使用出来るよう徐々にファインチューニングしていくことができればより良いですね。研究現場の声を吸い上げ、より良いものを一緒に作っていくことができれば信頼にも繋がっていくと思います。

また細かい要望になりますが、燻蒸滅菌に対応したマイクロピペットがあるとよいですね。燻蒸滅菌とは、アンモニウムが充満したところに入れる滅菌方法です。キャビネット自体の滅菌にもなるので両方一緒にできれば嬉しいです。

そして何より私は「国産」であることに、とても魅力を感じます。再生医療も「オールジャパン」というものを意識して取り組むことができれば、世界的に日本は凄い国だと思ってもらえると思います。

今後の抱負を教えてください。

皮膚科学、幹細胞の再生医療による医療現場での活用を目指し頑張っていきたいと思います。安定した供給により、健康寿命を延ばしていくことも可能になると思いますので、そういった分野で発展していきたいです。

研究室で主に使ってくださっている弊社製品

Nichipet Premium

Nichipet Premium

壊れない・変わらない・疲れない
ニチペットシリーズこだわりのスタンダードモデル
5年保証つき

Nichipet Premium:http://www.nichiryo.co.jp/product/pipette/premium/