• Japanese
  • English
  • Nichiryo america,inc
  • 簡体語
  • 繁体語
  • Spanish

NICHIRYO

  • 品質保証システム
  • 修理とバリデーションサポート(JCSS校正)
  • NichipetPremium5年保証について
  • 販売終了製品
  • 修理品のお問い合わせ・送り先
  • メンテナンス動画
  • よくあるご質問

修理とバリデーションサポート

  • JCSSの概要
  • JCSS対象製品と発行書類
  • 修理とバリデーションフロー図
  • バリデーションコース一覧
  • 修理、校正申込書
  • アフターサービスについて
  • Q&A

JCSSの概要

JCSSとは、Japan Calibration Service Systemの略称であり、平成5年11月より計量法に基づく校正事業者認定制度として運営してきましたが、平成17年7月1日より校正事業者登録制度となりました。

本登録制度は、国際標準化機構及び国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求者事項に適合しているかどうか審査を行い、校正事業を登録する制度です。

JCSSの登録は公表されている登録区分において校正事業を実施する校正事業者を対象として、登録を希望される事業所からの任意の申請に基づき、その事業者の品質システム、校正方法、不確かさの見積もり、設備などが校正を実施する上で適切であるかどうか、定められたとおり品質システムが運営されているかを書類審査・現地審査により審査し、登録する制度です。

JCSSで登録された校正事業者は、その証(あかし)として特別な標章の入った校正証明書を発行できることとなります。  

なお、国際MRA対応を希望される登録事業者に対して、別の任意な契約に基づき、その校正能力の維持状況を確認するための定期的な検査及び技能試験(Proficiency test)を実施しています。

国際MRA対応認定事業者は、その証としてILAC MRA付きJCSS認定シンボルの入った校正証明書を発行する事ができます。

JCSS標章やJCSS認定シンボル付き校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、校正事業者の技術能力のあることが一目でわかるというメリットがあります。

国際MRA対応のJCSSは、これらの基準をもとに運営している実績を国際的に認められ、1999年12月にAPLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)の相互承認協定、2000年11月にILAC(国際試験所認定協力機構)の相互承認協定へ参加の署名を行っています。これにより、一度の校正で世界中どこでも受入れられる状況(One-Stop-Testing)の達成に、更に一歩近づいたものとなりました。

ISO/IEC17025とは

「ISO/IEC17025試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項」は、試験・校正業務の品質マネジメントシステムを確立し、試験・校正結果の国際的な互換性を実現するために不可欠な国際規格です。

ISO17025の認定を受けた試験所・校正機関による試験・校正結果は、「貿易の技術的障壁の低減と除去のための国際協定(WTO TBT)」に基づき、他のWTO加盟国・地域でも通用します。これをワンストップテスティングといいます。

MRAとは

MRA(Mutual Recognition Arrangement)とは多国間の相互承認のことです。

国際相互承認は、参加している認定機関の間で相互評価(ピアレビュー)を行い、認定機関の運営が国際的な基準であるISO/IEC 17011に基づき行われており、ISO/IEC 17025を認定基準として使用していることが評価されています。

JCSSは平成11年にILAC/APLACの相互承認に署名をしており、国際的な基準に適合した認定機関の運営が評価されています。

IAJapanとは

NITEの適合性認定分野を担当している認定センターの呼称で、International Accreditation Japanの略語です。

IAJapanはISO/IEC17025等の国際規格に基づき、試験所・校正機関など適合性評価機関の認定を行っています。

現在、試験所・校正機関等に対する4つの認定プログラムを運営しています。また、化学分析などの計量トレーサビリティ確保のための標準物質情報(RMinfo)も提供しています。

業務の性質上、ISO/IEC17011に適合したマネジメントシステム運営のもと、認定機関としての判断の独立性、公平性、透明性が求められることから、 NITEとは違う呼称と右のロゴマークを用いて認定業務を実施しています。

IAJapanは認定機関の国際的・地域的な集まりであるILAC、APLACの国際相互承認にも加盟していますので、ロゴマークの左側にILAC-MRAのロゴマークがついています。IAJapanが認定した試験所・ 校正機関等が発行する証明書・報告書には、その試験・校正結果の信頼性を示すしるし、「認定シンボル」としてこのマークを付すことができ、顧客先や海外での受け入れが容易になります。

IAJapanはILAC-MRAを通じて"One-Stop-Testing"を目指しています。